読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0106 手帳を活用するために取り組んでいること

本日のイエシゴトは、「もっと手帳を活用するために出来ることを考える」です。

私は、スマホのアプリ「Lifebear」と紙の手帳を使用しています。

https://www.instagram.com/p/BPcd-EqAjjL/

#手帳 #はんこ #三光堂

紙の手帳は、メゾンドリーファーのものです。スモークなピンクが渋い。かわいい。スモーキーピンクを探していたのですが、中々見つからなくて諦めていたところ、本屋さんで出会いました。マンスリー、ウィークリーはレフトタイプです。

 

手帳って使いこなさないと買うだけ無駄という気がしています。特にスマホアプリで管理できるようになってからは。

紙ベースの手帳、つまりアナログな手帳を使わなくても良いかもって思って買わなかった年がありましたが、結局買い足しました。やっぱり無いと不便というか、安心出来なかったです。

 

じゃあ使いこなすしかないよね、とネットやinstagramで検索してみたりするわけですが、イラストを描いたりするのはレベルが高い。ウィークリーまで書き込むのもハードルが高い。まずは、マンスリーを楽しくしよう、手帳タイムしたいと思うような手帳にしよう、そう決めました。

 

そこで、購入してみたのが手帳用のはんこです。instagramを見ていると、手帳を使いこなしている方たちは、もれなくはんこユーザーでした。instagramで見かけていたのと楽天で買えるという二点から、三光堂さんのはんこにしました。スタンプ4つとインク一つ。早速、一月分スタンプしてみましたが、一気に手帳が華やぎます。手帳を開いて見るのが楽しみになりました。まずは、毎日手帳を開けるところから。

 

次にペンの色分けのお話。

 

願いをかなえる「手帳術」―365日を、今よりもっと楽しく! (王様文庫)

願いをかなえる「手帳術」―365日を、今よりもっと楽しく! (王様文庫)

 

 確かこの本を読んで、ペンの色分けについて知ったんだと思います。5色推奨で、実際に5色買って使ってみたんですが、選択肢が多いとわけわかんなくなってきて。私には向いてないなと思って、2色にしました。黒と手帳に合う色。2017年の手帳がピンク色なので、黒とピンクにしました。使い分けは、ピンクが楽しみなこと何でもと、黒がその他の予定。色分けで一度パニックになった人にはおすすめの方法です。書き方をシンプルにして、継続度を高めます。

 

すぐに忘れてしまう私にとって書いておくというのは、とても大事。記憶媒体を外注しているわけで、記録できないと覚えておかないといけないのは、つらい。本当に忘れっぽくて、予定に関してミスすることが多いです。まだ確定していない予定に、何度もやもやしたか分かりません。そこで、2017年からは、ふせんを導入することにしました。貼ったりはがしたりできるので、予定がなくなったり、確定していなかったりしても対応可です。フレキシブルに対応できる方法が見つかりました。ちなみに、シャーペンで書いておいて、あとから消すというのもやったことがありますが、消す作業がめんどくさいのと、ごちゃごちゃして見えるとの理由からやめました。

 

手帳を活用するためには、

  • 毎日開くこと
  • 上記を継続すること

が、まずは大事だと考えました。

そのために、

  • はんこを用いること
  • ペンの色分けを二種類に絞ること
  • 未確定の予定はふせんで管理すること

に、取り組むことにしました。これに慣れてきたら、ウィークリーの活用方法についても考えていきたいと思います。

emi.