読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第6回Twitter文学賞に投票したかったけど間に合わなかったので、ここで紹介します。

Twitter文学賞なるものを、▽こちらの記事▽で知りました。

2015年に刊行された新刊小説で、一番面白いと思ったものを、日本の作品は#jtb6、海外の翻訳作品は#wtb6のハッシュタグをつけてツイートすれば、それが集計されて、一番多く投票された作品に「Twitter文学賞」が授与されるそうです。


もしTwitter文学賞に投票するなら

どの作品にしようかなぁと思って考えてみたのですが、新刊小説ってあまり読んでいませんでした。


死のドレスを花婿に (文春文庫)

死のドレスを花婿に (文春文庫)


こちらが良いかなと思ったのですが、文庫本は2015年発売ですが、単行本が2009年に出ていたので、推薦できません。残念。


ハッシュタグで追ってみる

Twitter文学賞の締め切りはもう終わっているので、投票することはできませんが、ハッシュタグを追ってどんな作品が投票されているのかを見ることは出来ます。気になる作品が出てくるかもしれません。

色んな文学賞がある中で、このTwitter文学賞は誰でも気軽に投票できるという点で、今後発展していく気がします。一票だけの作品でも、きちんと集計してくれるそうなので。結果発表が楽しみです。

emi.