読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ゆるい】本を手放せない人へ。部屋に本を溜めない方法。【断捨離】

本の断捨離って、読書が趣味の人には難しいのではないでしょうか。

以前は、衣装ケース一つ分ほどあった本ですが、現在手元には、お気に入りの本だけです。今日は、本を手放しやすくする方法を考えてみました。

▽キッカケは、こちらの記事

f:id:gtbb250:20160123003155j:image

問いかける

私は、「もう一度読み返す?」って、問いかけます。「この本があることで、ワクワクする?」とも。

質問内容は何でもよくて、自身に向き合うことが大事だと思います。

紙の本に求めるものが何であるかは、人それぞれだと思うので。

私の場合は、

  • 言葉(短歌とか)
  • 写真
  • 装丁が好きなもの
を扱うものが多いです。


入れ物を小さくする

本を保管場所を強制的に小さくすることも、おすすめです。私は、衣装ケースから、小さな引き出しに移動させることにしました。

必然的に、入る分を選別することになります。また、この入れ物分は持っていても良いという余裕にもなります。


買取先を決めておく

読み終わったらすぐに売るところを決めておき、部屋に本が溜まらないようにします。

私は、買取王子を利用しています。


査定金額を、Amazonギフト券にかえることが出来るので重宝しています。無料で段ボールを送ってくれ、集荷にも来てくれます。私がやることは、本を詰めるだけ。楽チンで気に入ってるのですが、最近は人気なのか、査定が遅く停滞気味です。


Kindleで電子書籍を読む

Kindleで販売しているものは、そちらで読むようにしています。手元においておきたい本って、基本的に本屋さんで出会うことが多いので、Amazonで本を買うときはKindle版(電子書籍)を購入します。

また、本屋で出会った本も、ぱらぱらっと中身を確認し、ピピっとこなければ、出来るだけ電子書籍にしてます。




以上、私の「部屋に本を溜めない方法」でした。図書館は利用しないので、本を買うときにどうするか、買った本をどうするか、について書きました。

積読本、消化しないとな。emi.