紙ベース派だった私が、Kindleをおすすめしたい理由を述べてみる。

これまでずっと紙ベース派でした。デジタル化された本なんて、とんでもないよ!やっぱり、この紙の手触りとか、装丁とかそうゆうところにも「本を構成する要素」があるんでしょ!なんて、思っていました。

今でもその考えは変わってないけど、ついに、Kindleデビューしました。一ヶ月ほど使ってみた感想としては、「買って良かった!」です。その理由を書いてみます。


手元に残らずスッキリ

モノが部屋に残らないと言うのが、やはり良いですね。基本的に、本は、読んだらすぐ売りますが、売るまでは部屋に本が有る状態です。特に最近は買取王子の査定が遅れていて、発送待ちの段ボール箱が半月ほど部屋にあったり。

それに比べると、増えたのはKindle本体のみ。Kindle自体スリムなデザインなので、部屋に無造作においてあってもゴチャゴチャしません。ちなみに、カバーなしで使っています。


f:id:gtbb250:20160111002406j:image

わざわざ紙ベースの本を買って残すという行為のレベルが上がったように思います。それだけ、その本に惚れ込んでいるということ。

ami(アミ) (Billiken books)

ami(アミ) (Billiken books)

この本とかもう大好きですよ。イラストは宇野亜喜良で、短歌も辛口で攻撃的で繊細。


無料で読めたり、安くなってるものがある

読んでみたかった書籍が無料になってたり、安くなってたり。書籍のお金が変わるという感覚が今までなかったので、驚きです。本の一部が分割で販売されるのって、デジタルだからできることですよね。

橘さくらの「運命日」占い 決定版2016【牡牛座】 (集英社女性誌eBOOKS)

橘さくらの「運命日」占い 決定版2016【牡牛座】 (集英社女性誌eBOOKS)

読みたい書籍があったら、まずKindleで調べて、販売されてなかったら、Amazonで紙ベースのものを注文するようにしています。


環境を気にせず読める

Kindleがあるだけで、本も漫画も読める。分厚い小説も、コンパクトな漫画も読める。これがすごいなぁと思います。目に見えるモノとしては、Kindleなのに、その中にはさまざまな書籍が入っています。持ち運ぶ本棚みたいです

家の中でも外でもいつでも読めるって素晴らしいことだなぁと思います。考えた人、すごいなぁ。あなたのおかげで、私の読書ライフはより良いものになりました!


Kindleも完璧ではありません。使い方もよく分かっていない部分もあります。しかし、メリットの割合の方が大きいです。買って良かったと思っています。

▽ヒトデさんの記事


おすすめされた「お茶にごす」が面白いです。全巻買いそうな予感。

ちなみにヒトデさんと同時期にKindle買いました。Kindleの感想を書かれていますが、やはり人によってここが良いって思うところは違うのだなぁと思いました。

▽ヒトデさんの記事その2


「自分の視点」で書いたものによって、誰かの心を少し動かすことを願って。
emi.
広告を非表示にする