トレンチコートを手放して、おしゃれについて考えてみた。

トレンチコートを譲ることにしました。季節になっても中々着なかったのと、色(ベージュ)に対する苦手意識から手放すことにしました。(今までありがとう!

f:id:gtbb250:20151224063447j:image

得意な色ってあるよね

大まかな色の分類で、似合う似合わないは自分で判断できると思って、プロのパーソナルカラー診断は受けていません。一時期、受けたいなぁと思っていましたが、私の性格上、パーソナルカラーを診断された後は、自分に似合う色がないと服が買えないという嫌な状況に陥りそうだったので。

パーソナルカラーとしては似合っても自分にとって不得意な色とかあると思うんです。けど、パーソナルカラー診断ではこの色が合うからと嫌々着てたら本末転倒です。

服を買って着て手放してを繰り返していくうちに、得意な色は自分で見つけられると思います。


私の場合

ベージュかグレーなら、グレー。
ゴールドかシルバーなら、シルバー。

このような大雑把な分類ですが、何となくイメージして頂けると思います。あたたかみより、涼やかな感じが得意です。

得意な色が分かってくると、買い物も楽になっていきます。迷いがなくなる。ストレスフリー。服選びって、本当に色んな基準があるから、出来る限り判断材料を持って買い物に臨まないと、失敗する可能性が高まります

それまでは試行錯誤で、それこそ高い授業代だったと思うんですが、いっぱい買い物してきて良かったです。



失敗は成功のもと

失敗しないと、何が成功か分からないと思います。安くて良いものとか、長く使えるものとか、そうゆうことを考えないで、ひたすら、かわいいと思ったものを購入していくこと

自分に合う(お洒落にみえる)服を見極める力がない人こそ、経験値をあげるために買い物をたくさんすると良いと思ってます。

何を着よう?って考えるのが嫌で、制服が好きでした。今思えば、服をあまり持ってなくて、お洒落しようにもできなかったからだと思います。

大学生のときもそんな感じで、服をあまり買わないから、どれが成功で失敗かも分からなかった。社会人になって、服を買うことが増えてきて、ようやく自分に似合う服装が分かってきたように思います。


おしゃれ、と思われたい

雰囲気おしゃれに見られたいです。けど、めんどくさがりです。

  • 雑誌は対して役に立たないこと
  • 好きなブランドを決めてしまうと楽なこと
  • シンプル服こそ難しいこと
  • 髪型で変わること

雑誌は娯楽

であって、役立てるものではないのかなと思います。ふらふら~っとよったお店でかわいい!と思った服(もちろん試着はするけども)を買っていく。このように自分の直感に従って買うだけで良いです。なぜなら、お店に流行でないものは置いてないからです。買い物にいけば、そのときの流行アイテムは必ずあるのです。そのなかで、どのように手持ちのアイテムと合わせて行くのかが大事だと思うようになりました。あと、流行り始めに買うことも。


めんどくさがり流買い物術

買いにいくブランドを決めておくと、手持ちのアイテムが同じ雰囲気を持つので、合わせやすいです。

体格も気にする

体の凹凸があまりない私は、シンプル服を着ると寝巻きです。動きがあったり、素材が柔らかかったり、デザインが凝ってたりとかしないと、ひどい有り様になります。 

自分の体と向き合った服の選び方が大事だと思います。


髪型で一気にあか抜けよう

服は変わってないのに、褒められるようになりました。変えたのは髪型と髪色。パーマで動きを出して、髪色は暗髪に。一気に雰囲気変わるのでおすすめです。

黒髪ショートって超ド級のお洒落さんか、顔立ちが整ってる人じゃないと難しいね。今昔の写真を見比べて切実に思います。

先日、美容院に行ってオリーブ色をいれました。今までのカラーリングより、暗髪に適してる気がするので、様子みて記事にします。

emi.