読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服の断捨離で気付いたシャツの便利さと、似合う質感。

涼しくなってきた今日この頃、何を着れば良いものか悩みます。不定期で服を見直し、処分するので、服がないぞって時があるのです。

私服用にノースリニットは買ったのだけど、
職場に着ていけるわけもなし。どれもこれも気分に合わない。これは、秋冬服断捨離だー!と勢いに任せて断捨離していると、今の体感温度にちょうど良い服がなくて。

すぐに買いに走るのはよくないと思って、何とか手持ちのもので凌いでいるのですが、シャツが便利だってことに気がつきました。

シャツインでズボンorスカートどちらでも「お嬢さん風」が出せます(と思ってます)。

もう少し寒くなってきたら、カーディガンを合わせるのも良さそうです。

f:id:gtbb250:20150912212151j:image

  • 半袖白シャツ(襟と袖に柄)
  • 長袖白シャツ
  • 長袖ブルーシャツ
を持っていますが、着ていくうちに似合う質感ってあるのかも、と思うようになりました。

というのも、シャツ三枚のうち長袖ブルーシャツだけがコットン系の固めの素材なんですが、しっくりこないのです。反対に、半袖白シャツと長袖白シャツは伸びがよい柔らかい生地で、体に沿う感じでしっくりきます。


また、以前記事にしたように、形も関係しているのかもしれません。

▼服の形に関する過去記事

半袖白シャツと長袖白シャツは、腰にかけて少しカーブのかかったデザインです。反対に、長袖ブルーシャツは脇から腰にかけてストレートなデザイン。

骨格診断がウェーブ(自己診断)の私には、以下がポイントのようです。

  • 柔らかい素材であること
  • 体(上半身)に沿う形であること
ということで、こちらの長袖ブルーシャツは手放そうと思います。

emi.

▼ついった

▼ほしいもの