京都で見つけた粋なモノ。自分へのお土産や、ちょっとしたプレゼントに。

今回の京都旅で、ここに寄りたいなぁというお店がありました。

「リスン」というお店です。四条烏丸にある、cocon烏丸という施設の中にリスンはあります。


お香を取り扱っています。

日本には古くから香りを「聞く」という美しい表現があります。その“聞く:Listen”の発音記号をロゴマークにした「リスン」。

お店の命名が、文学部の心を揺さぶります。伝統的なものが、折衷されている何かしらが好きです。


今回は、セットになっているものを購入しました。四季ごとに販売されているThe best selection for the seasonのAUTUMN「そこにある嬉しさ」にしました。季節はもう秋なんですね。


f:id:gtbb250:20150828220142j:image

棒状のお香で、一本ずつ番号と名前が書かれてあります。100 ARABIAN NIGHTのように。例えば、この番号の香りが気に入ったとなると、その番号をもとにしてリピートできるというシステムです。細やかな気遣い。

このAUTUMNのセットには、各お香にイメージフレーズがつけられています。

あくびして、のびをする
ぶつかるまで近づいた
気がつよいだけでは
ネコは足元にいて
一瞬、風が止む
鳥の巣をみつけた
目ざめたときの空
誰よりも、とどけたい

一つのストーリーが頭の中でぐるぐると再生されます。


f:id:gtbb250:20150828220250j:image

自宅用で、この包装です。ちょっとしたプレゼントにも良いと思います。

私は休みの日に、一本ずつ焚いてみようと思います。休日だけの使用だと、冬が来るまで楽しめそうです。

emi.

▼京都旅について書いた記事です