似合う服の組み合わせパターンを知ることから、制服化は始まる。

f:id:gtbb250:20150803232115j:image

自分に似合う服の組み合わせパターンを知りたい。そもそも「似合う服」ってどうゆうものだろう?何から判断すれば良いんだろう?

これが分かれば、買い物で失敗することも少なくなります。そして、いつみても雰囲気お洒落な制服化に成功するわけです。




自分を分類する


シルエットで分類する

服のシルエットは、おおまかにY・I・Aがあると思います(Aラインのワンピースとか言いますよね、あれです)。

上半身は細身だけど、下半身はむちむちしている。お尻の肉をひろわないフレアスカートが最強です。上ぴた下ゆるのスタイルが得意。こんな人(私)はAラインです。

骨格診断で書かれているものでも似合わない服装があったり、違う骨格のものでも似合うと言われる服装があったりで、だんだん分からなくなってきて、シルエットで判断することにしました。似合う素材とかも覚えられないので。

※骨格診断(自己診断ですが)だとウェーブです。



顔立ちを分類する
シルエットだけでなく、顔立ちの分類も大事だと思います。自分のキャラクター性を構成する一つの要素です。

というのも、私の顔立ちは和顔で凹凸がありません。最近流行りのシンプルベーシックや、ノームコアなんてジャンルをやってみようもんならって話です。鬼門。

その代わり、柄物は得意です。顔が柄の邪魔をしないから。柄、派手色、白でインパク
をもたせるようにします。

※顔立ちは、多部未華子さん(薄い、幼い、甘い)に似ていると言われます。


f:id:gtbb250:20150803232442j:image

こんな感じの服装です。


大事なことは、

諦めるところは潔く諦めて、得意分野を活かすことです。

私の体型と顔立ちで中村アンさんのような格好は厳しいのです。

f:id:gtbb250:20150803232507j:image

好きだけど似合わない服装をするより、普通だけど似合う服装をする方がおそらく良いです。人が、どのような人物であるのかをイメージする一つの材料として、その人の着ている服があると思うからです。

好きなファッションスタイルに対する執着を断捨離して、似合うファッションスタイルを確立していくこと、似合うファッションの中で、自分が気に入るものを探していくことがコスパ良い気がします。


▼執着を捨てると良いことがおこる例



お金だけでなく、ファッションもだと思います。



最近の買い物は、ボトムスはフレアスカートが多くなりました。この形が良い!とわかったので、無駄な買い物も減りました。

順調に、スカート縛りの制服化が出来上がりつつあります。



シルエットと顔立ちから、自分に似合う服を考えてはいかがでしょうか?

emi.