読書環境を振り返ることで、自分の課題が見えてきた。

f:id:gtbb250:20150629215210p:plain

にゃんす (id:nyansu-nyan) さんの記事より、
読書状況について振り返ってみました。


▼このアイテムを使って読むの?と
度肝を抜かれるにゃんすさんの記事



1.読書する場所(家、図書館、カフェなど)
2.使っているモノ(椅子、ソファなど)
3.その時の姿勢(体操座り、寝転びなど)
4.メリット、デメリット
5.これだけは外せない!(文房具、飲み物など)

上記について回答していきます。




1.読書する場所(家、図書館、カフェなど)

基本的に、自分の部屋です。落ち着きます。


ただ、小説だけは、移動中の電車内で読みます。

小説は、読むのに気合いが入ります。
合う合わないが強く出るジャンルだと思うので、
なかなか読み進められないのです…

そのため、電車に乗ってる間の限られた時間で
さくっと読むようにしています。

これは面白いぞ!となれば、
家で続きを読みきります。


カフェで読書も憧れはありますが、
そのためにわざわざ出掛けることはしないです。


2.使っているモノ(椅子、ソファなど)

自分の部屋にあるベッドです。
そのまま寝ることも出来るのが良いです。


3.その時の姿勢(体操座り、寝転びなど)

もちろん寝転がってです。
うつ伏せで、枕をベッドと上半身にはさみます。


4.メリット、デメリット

そのまま眠りにつくことができる安心感。

肩がこってしまうのは、どうにかしたいところ。


5.これだけは外せない!(文房具、飲み物など)

付箋です。

読みながら付箋を貼って、
剥がすときにブログの書評記事を書きます。


座って読むときは、あたたかい飲み物です。





読書状況を振り返って、
自分の怠惰さに気づきました…!


(カフェでおっしゃーな飲み物頼みながら
読書もしちゃう雰囲気かわいい女性を目指したい)


本を読むのはリラックスしたときなのかな。
気持ちがわちゃわちゃしてるときは、
読む冊数が減る傾向にあるかもしれません。


昨日書いた記事のように、
読んだ本の冊数と、その中のおすすめ本を
毎月書いていますが、
読む冊数が少ないときは、
仕事やプライベートが忙しいときです。


コンスタントにインプットはしていきたいし、
日々に忙殺されたくありません。


本を読むことについて考えたことで、
自らの課題に気づくことができました。
また一つ、自分と向き合えました。
にゃんすさん、ありがとうございます!

広告を非表示にする