読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅田の蔦谷書店に行ってみて、本屋についてあれこれ語ってみる。

f:id:gtbb250:20150525181030j:plain

梅田のルクアイーレにオープンした蔦谷書店に行ってきました。私は、本を読むことも好きですが、「面白そうな本を見つける」のも好きなんです。ネットでもリアルでも、本屋が好きです。実は、本屋でアルバイトしてました。

ネット書店(Amazon)とリアル書店

ネット書店は、「スポット買い」「作者買い」「テーマ買い」に適していると思います。

スポット買い

これ欲しい!って決まってる本を買うこと。ブログの本紹介で見かけた本や、ブクログのランキングで見かけた本はすぐに欲しいので、ネット書店を利用。

作者買い

気に入った作者の本を、一通り買うこと。作者検索ができるネット書店が有利。最近は、千田琢哉さんにハマる。

テーマ買い

気になったテーマに関する本を、一通り買うこと。私がよくするのがこの買い方で、これもネットのが便利。最近は、日記の書き方について。



リアル書店は、「一期一会買い」。これ以上でも、これ以下でもないところが良いところです。

京都の恵文社で出会った「ストロベリージュースフォーエバー」

ストロベリー・ジュース・フォーエバー (マーブルブックス)

ストロベリー・ジュース・フォーエバー (マーブルブックス)

JRなんば出てすぐのジュンク堂で出会った「超訳 枕草子

京橋の京阪モール内の本屋で出会った「人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。」

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

何かしらのキッカケを与えてくれるのは、リアル本屋で出会った本たちでした。



ネット書店もリアル書店も、それぞれに良いところがあるので、うまく付き合っていきたいです。


融合型リアル書店についての見解

色んな種類の本屋さんがあると思いますが、ここ最近は、様々なジャンルと共存する本屋さんがでてきた印象をうけます。梅田の蔦谷書店しかり。


カフェや雑貨屋との併設が多いなかで、蔦谷書店はカット&ネイルサロンや、デジタル関連のショップ、靴磨き屋さんなど、今までにみたことのないコラボでした。あと、kichigitsuの御朱印帳も売ってました。(上から目線で、やりよるなって思ったり。)


個人的な意見としては、特に併設してなくても良いんですけどね。精算前の本をカフェで読むのもなぁと思うし(買って自分のものに一旦したい)、何より本を汚してしまったらどうなるんだろう?と気が気でないです。


本のディスプレイ、店内の雰囲気は、融合型リアル書店の方が、従来の?リアル書店よりお洒落度は高くなるとは思います。ぶらぶらするのも楽しいですし。カフェ併設のような雰囲気とディスプレイと本のチョイスのまま、カフェは併設されてないってのが良いですね。難しいな。




さいごに

蔦谷書店にミーハー心で行ってみましたが、一時間以上、余裕で時間を潰せそうです。

併設されたお店を利用する人がいてるのか知りたいです。カフェは満席でした。今度は、カフェ利用目的で蔦谷書店に行きたいと思います。



ゆるりと呟いてます