見直しをして、靴が六足になりました。

「抜き」作業が二巡目に入りました。

▽「抜き」作業について
年越しに向けて、捨てスイッチが入った。:ごんおばちゃまの、「すっきり! 幸せ簡単 片づけ術」 - 「 邂逅 」

一巡目の玄関の抜き作業では、主に履かない靴の処分をしました。二巡目で、家族と共用のシューズボックスを少しカスタマイズし、出し入れしやすいようにしました。


靴の見直しをします

今日は、2015年冬現在で手元に残した靴を見直します。

  1. 購入場所
  2. お気に入りポイント
  3. その他

スニーカー

f:id:gtbb250:20151225152146j:image

  1. 韓国は明洞の服屋
  2. 配色、形、全て!
  3. 色違いでほしいくらいです

スリッポン

f:id:gtbb250:20151225152102j:image

  1. 楽天
  2. ラメでキラキラしてる
  3. きれいめでもカジュアルでも履ける

ポインテッドトゥパンプス

f:id:gtbb250:20151225152950j:image

  1. オリエンタルトラフィック
  2. 爪先とヒョウ柄でバイカラーになってる
  3. 一気に辛口になるので重宝してる

ショートブーツ

  1. ラウンジドレス
  2. 痛くない
  3. 修理に出すか、買い替えるかで迷う

ブーティサンダル

  1. ジネス
  2. ぼってりした形がかわいい
  3. 痛くなるのが悩み

プレーンパンプス

  1. イトーヨーカ堂
  2. ザ パンプス!ってところ 
  3. 同じ形をずっと出してほしい

スニーカー

  1. NIKE
  2. 特になし
  3. 仕事で必要だから


抜き作業を終えて

記事を書いてるうちに、写真がないものって何かしら自分の中でひっかかるものがあるのかも、と思いました。特に最後に書いたNIKEのスニーカーなんか、最初に書いたスニーカーと愛着度が違いすぎます。

仕事で(年に数回)使うしな~と残してましたが、思いきって手放します。使う回数が少なくても、手元に置くのであれば、本当に気に入ったものが良いです。


また、シューズボックスを出し入れしやすいようにカスタマイズしたことで、帰宅してから靴をしまうという動作をちゃんとするようになりました。恥ずかしながら、シューズボックスに入りにくいとか、そもそも空きがないとかで、脱ぎっぱなしだったのです。改善できて良かったです。

次は、洗面台の抜き作業です。
emi.


▽Twitterやってます

ヘアカラーをオリーブにしたのと、気軽なミニマリストになりたい宣言と。

先日、カット&カラーに行ってきました。自分的に暗髪に適したカラーメニューを発見したので、記事にします。

「 邂逅 」では、ヘアカラーの記事が人気です。




おふみさんに紹介してもらったり。


おふみさんと言えば


ミニマリスト日和

ミニマリスト日和


本が届きまして、早速読みました。「私はミニマリストなんかじゃないぞ!」なんて思ってましたが、それはモノの数に拘ってただけで、おふみさんが提案するような気軽なミニマリストには憧れます。

f:id:gtbb250:20151225180057j:image

ほぼ日オリジナルと同じサイズだったり、ページの角が丸くなってたり、ページの背景は方眼だったり。「おふみさんっぽい」装丁にきゅん。ブックデザインを担当した方すごいです。

話を戻しまして、

カラーメニューは、しばらくブルー系統、グレー、アッシュあたりがキーワードでしたが、一度血迷って赤っぽくしたことで、染めても赤みが出てきてしまいます。

もっとくすんだ感じを目指したいのにうまくいかないなぁと思っていたところ、「オリーブはどうですか」ってすすめてもらいました。

かなり強めにオリーブをいれてもらったので、一目見ると黒?って感じです。ネットで「オリーブ」を検索してみると、アンニュイ女子(なんだろう?)におすすめって書かれていました。

髪の量を減らしてもらったのもあるでしょうが、軽く見えます。黒に近い暗髪で軽く見えるっていい。色が抜けていくときどうなるんだろう?楽しみです。

オリーブの暗髪、これから良いかも

emi.

金沢のおすすめスポットは、兼六園、21世紀美術館だけじゃない。

金沢に行ってきました。

もちろん、兼六園も21世紀美術館も良いのですが、他にもおすすめを見つけたので紹介させて下さい。

f:id:gtbb250:20151224222633j:image

鈴木大拙館です。禅的な空間で、ミニマリストさん好きだと思います。

何にもないんですよね。水鏡の庭といって、写真の水面を見て思索する場所だったり、深める場所がいくつかあるくらいで。

ぽけーっとして、時間が過ぎていく感じ。でもそれは無駄ではなくて、自分の中の奥深いところまで行けそうな感じ。

何故かどきどきして、また少し年を重ねてから来たら、新しい発見があるのかもと思ったり。

兼六園や21世紀美術館とも近いので、鈴木大拙館もぜひ。


f:id:gtbb250:20151224223339j:image

冬支度する兼六園。

f:id:gtbb250:20151224223407j:image

灯籠も寒さに備えて。

f:id:gtbb250:20151224223505j:image

ヤン・ファーブルの「雲を測る男」。
考えさせられます。

見に行けなかったのですが、ピピロッティ・リストの作品はいずれどこかで出会いたいと思っています。


emi.

トレンチコートを手放して、おしゃれについて考えてみた。

トレンチコートを譲ることにしました。季節になっても中々着なかったのと、色(ベージュ)に対する苦手意識から手放すことにしました。(今までありがとう!

f:id:gtbb250:20151224063447j:image

得意な色ってあるよね

大まかな色の分類で、似合う似合わないは自分で判断できると思って、プロのパーソナルカラー診断は受けていません。一時期、受けたいなぁと思っていましたが、私の性格上、パーソナルカラーを診断された後は、自分に似合う色がないと服が買えないという嫌な状況に陥りそうだったので。

パーソナルカラーとしては似合っても自分にとって不得意な色とかあると思うんです。けど、パーソナルカラー診断ではこの色が合うからと嫌々着てたら本末転倒です。

服を買って着て手放してを繰り返していくうちに、得意な色は自分で見つけられると思います。


私の場合

ベージュかグレーなら、グレー。
ゴールドかシルバーなら、シルバー。

このような大雑把な分類ですが、何となくイメージして頂けると思います。あたたかみより、涼やかな感じが得意です。

得意な色が分かってくると、買い物も楽になっていきます。迷いがなくなる。ストレスフリー。服選びって、本当に色んな基準があるから、出来る限り判断材料を持って買い物に臨まないと、失敗する可能性が高まります

それまでは試行錯誤で、それこそ高い授業代だったと思うんですが、いっぱい買い物してきて良かったです。



失敗は成功のもと

失敗しないと、何が成功か分からないと思います。安くて良いものとか、長く使えるものとか、そうゆうことを考えないで、ひたすら、かわいいと思ったものを購入していくこと

自分に合う(お洒落にみえる)服を見極める力がない人こそ、経験値をあげるために買い物をたくさんすると良いと思ってます。

何を着よう?って考えるのが嫌で、制服が好きでした。今思えば、服をあまり持ってなくて、お洒落しようにもできなかったからだと思います。

大学生のときもそんな感じで、服をあまり買わないから、どれが成功で失敗かも分からなかった。社会人になって、服を買うことが増えてきて、ようやく自分に似合う服装が分かってきたように思います。


おしゃれ、と思われたい

雰囲気おしゃれに見られたいです。けど、めんどくさがりです。

  • 雑誌は対して役に立たないこと
  • 好きなブランドを決めてしまうと楽なこと
  • シンプル服こそ難しいこと
  • 髪型で変わること

雑誌は娯楽

であって、役立てるものではないのかなと思います。ふらふら~っとよったお店でかわいい!と思った服(もちろん試着はするけども)を買っていく。このように自分の直感に従って買うだけで良いです。なぜなら、お店に流行でないものは置いてないからです。買い物にいけば、そのときの流行アイテムは必ずあるのです。そのなかで、どのように手持ちのアイテムと合わせて行くのかが大事だと思うようになりました。あと、流行り始めに買うことも。


めんどくさがり流買い物術

買いにいくブランドを決めておくと、手持ちのアイテムが同じ雰囲気を持つので、合わせやすいです。

体格も気にする

体の凹凸があまりない私は、シンプル服を着ると寝巻きです。動きがあったり、素材が柔らかかったり、デザインが凝ってたりとかしないと、ひどい有り様になります。 

自分の体と向き合った服の選び方が大事だと思います。


髪型で一気にあか抜けよう

服は変わってないのに、褒められるようになりました。変えたのは髪型と髪色。パーマで動きを出して、髪色は暗髪に。一気に雰囲気変わるのでおすすめです。

黒髪ショートって超ド級のお洒落さんか、顔立ちが整ってる人じゃないと難しいね。今昔の写真を見比べて切実に思います。

先日、美容院に行ってオリーブ色をいれました。今までのカラーリングより、暗髪に適してる気がするので、様子みて記事にします。

emi.

年越しに向けて、捨てスイッチが入った。:ごんおばちゃまの、「すっきり! 幸せ簡単 片づけ術」

年末に向けて気分が大掃除へと向かい、部屋を整える系統の本が気になるようになりました。

すっきり!幸せ簡単片づけ術

すっきり!幸せ簡単片づけ術


この本の内容を簡単にまとめると、

毎日エリアごとに、いらないものを「抜く」作業を行う。その際、整理整頓や、はりきった掃除はしない。

似たようなことは以前やっていました。日曜日に家にこもって、部屋のものすべて出して、いるかいらないかを判断する、祭りのようなものを。

体力と気力がいるので、長くは続きませんでした。じゃあ、この本と私のやり方はどう違うのだろうと言うと、

  • 毎日すること
  • 抜くエリアを決めること
  • 整理整頓しないこと(すっきりするまで)
このあたりかなぁと思います。


本には、「土日は休む」「時間を決めてやる」なども書かれていましたが、それまで縛ると今の私にはしんどいなぁと思いましたので、今日はここの抜き作業!と決めて、せっせとこなしています。

まだ一巡もしていないのですが、繰り返すことでどうなるのか楽しみになっている私がいます。

昨日は洗面台の抜き作業を行いました。あまり効果が感じられないのに、もったいないからと使っていた化粧品や、苦手なのに何故か買って放置していたボディクリーム、万能だからいつか使うと置いていたニベアなどを抜きました。他にも色々と抜いて、化粧品ボックスが二つから一つに。嬉しかったです。


ごんおばちゃまって、本屋でよく見かける、

あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法

あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法

こちらの本を書かれた方だったのですね。こちらも読んでみたくなりました。

emi.